« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

人の行動原理

アンソニー・ロビンズの「アウェイクン・ザ・ジャイアント・ウィズイン」


リチャード・バンドラーのNLP(神経言語プログラミング)や
エリクソン・メソード等を下敷きにしたという
アンソニー・ロビンズさんのNAC(Neuro-Associative Conditioning)理論の紹介。


全ての人間の行動原理は、たった2つ。

「痛みを避けること。 喜びを得ようとすること」

 ・
 ・
 ・
自分の中の無限の力を引き出すには
良い習慣を味方にすること。
時間を大切に使うこと。
時間短縮の有効な方法は、するべきことを一覧化し、優先順位をつけること。
自身の能力を高めて、早く処理できるようになること。

    そして、日々、感謝して生きること。

.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自我の成長と全能観

幼児は自分が仮面ライダーやウルトラマンになれると思っています。
引いてはそれは「万能の神」に近づくという事。
もしかしたら、自分はこの地球を支配できるかもしれない。
自分は神である。

と、考えるのは幼児的な全能観です。
これは自我が十分に発達していないからで、若い人々は誰でも抱きがちなことではあります。

自我の成長には、ある程度の挫折は必要になります。
人間関係での軋轢や、それによる切磋琢磨。
失敗する経験も重要です。

失敗を重ねるにつれ、自分の実力や限界がわかってきます。
その中で「自分にできる範囲で、自分のできることを精一杯やる」ことが大切だという事が解ってきます。

それが自我の成長です。


.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

avast!の警告音を止める方法

avast!という無料で使い続けられるなんとも便利なアンチウイルスソフトがあります。
常駐して、ウィルスの危険から守ってくれるのでとっても便利です。
(ウィルス駆除率:約95%)

しかし! 警告音が結構大きくて、音楽などを聴いているときに、
突然あの大きな警告音が鳴ると、びっくりして精神的によくありませんので
警告音を止める方法を書いておきます。

■avast!の警告音を止める方法

(1)最初に常駐アイコンを右クリック。

(2)メニューが出るので「プログラム設定」を選択。

(3)設定画面が出るのでそこからサウンドを選択する。

(4)「avast!のサウンドを使用しない」にチェック or 設定でお好みの音を設定。

(5)OKでそれ以降あの警告音を聞くことはなくなります。

※警告音を好きな音に変えておけば、ウィルス検出時に不愉快な思いをすることもなくなります。
 windowsの警告音はwavファイルを使っているので、
 自分の好みの音を探してくるのは、結構簡単だと思いますよ。


■avast!のダウンロードはこちら
http://www.avast.com/jpn/download-avast-home.html

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外在化


人間の心というのは、色んなパート(部分)から成り立っています。

それが複合的に絡み合い、あなたという人格を作っているのです。

心とは決して1つだけではありません。

抑鬱(よくうつ)的で、毎日の生活が苦しい人は

その苦しい心と自分を分離して、

苦しい心の部分だけを取り出してみましょう。

これを外在化と言います。

心には色んなパート(部分)があって、「苦しい」が多くを占めているかもしれませんが

楽しいことを感じたり、幸せを感じたりするパート(部分)も、無いわけではありません。

その色々なパートの中で、この「苦しい心の部分」だけを取り出します。

さらに、この苦しい部分に名前を付けます。

ここでは、仮に「悪魔ちゃん」という名前にしておきます。

あなたが苦しいのは、あなたが悪いわけではありません。

あなたが間違っているわけでもありません。

あなたが苦しいのは、この悪魔ちゃんのせいなのです。

実は、この悪魔ちゃんさえも悪いわけではなく

だた、納得できなくて、訴えたいことがあるから、そこに存在して様々なことを訴えているのです。

まずは悪魔ちゃんの声に耳を澄まし

その訴えている内容を聞いてあげてください。

そして、どうやったら納得してくれるのか、聞いてあげてください。

きっと、辛かったこと、苦しかったことを話してくれるでしょう。

悪魔ちゃんの正体ですが

それは、あなたの無意識に植え付けられた過去の出来事です。

過去に縛られ、ネガティヴな考え方をしてしまうのは、そのためなのです。

今でも過去から逃げ出せず、縛られたままなのです。

そこから開放されるのは、人それぞれのやり方があると思いますので

「こうやればいい」と、端的なことは言えません。

そのために「心理カウンセリング」があるのです。

どうやったら過去にとらわれている自分に気づき

その過去を開放して行けるのかを、一緒に考えることがカウンセリングなのです。

http://www.cocoro-sora.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分を客観的に知る


人間関係で悩まれてる方は、相手の嫌なところを考えるとともに

相手が自分のことをどう見ているか? 自分はどう見られているんだろう?

ということも、同時に気になるところだと思います。


自分の短所や、今の自分に欠けている事を知るために
一度、自分を客観視してみましょう。
少し離れた場所から、自分を俯瞰から眺めてみます。

自分のコンプレックスに思っているところを探すわけですから、楽しい作業ではありませんが、
「自分を客観的に知る」ということは意味のあることだと思います。


自分のコンプレックスに感じていること、短所、欠点が解ったら
それをユーモアを持って、周りの人に伝えられるようになるように訓練してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »