« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

催眠ダイエット

催眠療法のひとつに禁煙やダイエットがあります。
殆どの人に効果的で、無理のない方法だと思います。

以下、ニュースから

========================================================================

391_large 最近、激やせぶりが話題になっているコートニー・ラヴ。これまで食事制限や運動など従来のダイエット方を試しては挫折してきたという彼女だが、ようやく楽で効果的な方法に出会ったという。

それは催眠療法だそうだ。彼女は、英国の催眠療法の第一人者ポール・マッケンナから指導を受けているらしい。マッケンナは日本でも出版された『7日間で人生を変えよう』という自己啓発書だけでなく、禁煙やダイエットの本も出している。

具体的にどんなものなのかはわからないが、コートニーは彼の催眠セッションを受け、スリムな体型を維持しているそうだ。『The Sun』紙によると、彼女はこう話している。「ポールのことはもう何年も知ってるのよ。去年、食事制限やプロテイン・シェイクっていう従来の方法で体重を落としたの。でも、それを続けるのって大変なのよ。ポールは最高よ。スリムでいられるのは、100パーセント彼のおかげ。挫折しそうだってときには、いつもポールのとこへ行って催眠セッションを受けるの」

催眠術というと怪しげだが、英国では禁煙する際、催眠療法に助けを借りる人も少なくない。マッケンナを頼るセレブは数多く、ロビー・ウィリアムスも依存症が克服できたのは、彼のおかげだと言及。どうやらその効果のほどは高いようだ。禁煙やダイエットに関心がない人は、彼が昨年出版した著書『I Can Make You Rich(私はあなたを金持ちにできる)』なんかいいかもしれない。

========================================================================

「挫折しそうだってときには、いつもポールのとこへ行って催眠セッションを受けるの」という事は、一度のセッションではなさそうですね。





.



.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬱は脳の病気ではない

「鬱は脳の病気ではありません」


「鬱は脳の病気です」という人がいますが

私はその見方には反対です。

もし、鬱が脳の病気だというのなら、

鬱の治療薬をその辺のドラッグストアに置いておけばよろしい。

世の中には鬱で苦しんでいる人は沢山いるんですから。


鬱によく効くという

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬があります。

脳内物質であるセロトニンの放出量が減っているから

再取り込みを阻害して、シナプスに一定量を受け渡しさせてあげようという狙いはわかります。


では、そもそもなぜセロトニン放出量が減っているのかを考えましょう。

鬱が脳の器質的な障害なのであれば、SSRIは効果的だと思います。

しかし、私はそうは考えていません。

もし、本当に鬱が器質的な障害、あるいは脳の病気だとするなら、

カウンセリングで鬱が改善するわけはないのです。

ほとんどの場合、何らかのストレスによってセロトニン量が減っているのではないでしょうか。

そのストレスは何らかの過去の記憶だったり、

自己批判的なパターンが、自分の中にあるからという場合も多いと思います。


権威ある国家資格を持った医者や、

テレビに出られるような有名人が、

堂々と「鬱は脳の病気です」などと言うと、

一般の人たちはその情報を信じるしかありません。

精神科なり心療内科なりに行って、お薬をもらうことになるでしょう。

もちろん、それで鬱が治るのならとても素晴らしいことです。

そして、実際にお薬だけで治る方もいらっしゃるでしょう。

しかし、お薬を飲み続けても鬱が改善しない

沢山の方とお会いしました。


私のような者が「鬱は脳の病気ではありません」と書いたところで

さして影響力はないのでしょうが

言わないよりはマシでしょうし、言わずにはいられません。

鬱は、思考の偏りのようなものです。

器質的な障害であれば、

一生、お薬を飲み続けなければなりませんが

思考の偏りであるとするならば、

学ぶことによってバランスを取り戻すことは可能です。


そのためにカウンセリングはあるのです。


実際、私も若い頃は、長い間、抑うつ状態でした。

自分の生きる意味も、生きる価値も見出せず

毎日憂鬱で、やる気もおきずに無気力に過ごしました。

そんな中で心理学を学びましたが、あまりピンと来ませんでした。

後に脳科学を学びましたが、ピンと来ませんでした。

そんな中で出会ったのがNLPの考え方でした。

慰めや、癒しではなく、

正しい姿勢の「人間の育て方」見たいなものです。

NLPは、よく「脳の取扱説明書」と言われています。

その説明も、あながち間違いではないでしょう。

意識的に思考を変化させることもできなくはないのです。

あとは、無意識にこびりついた古いパターンを変化させることです。

無意識を扱うわけですから

これには、催眠療法が向いていると思います。

Therapyroom sora

.

.


.


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »