« 解離 | トップページ | ニーブス博士の催眠療法セミナー6日目 »

ニーブス博士の催眠療法セミナー5日目

すごい暴風雨の中、お台場方面へ。
ユリカモメからの景色も、あまり見えませんでした。

今日はケーススタディとEFT。

ケーススタディは頭をひねるので面白い。
症例を3つほど、グループで考える。
アプローチの方法もさまざまで面白い。

EFTは、Emotional Freedom Technique(エモーショナル・フリーダム・テクニック)の事で、体のエネルギー(日本や中国でいう「気」)を整える事ことによって、感情的な苦痛やストレス又それに伴う身体的症状を解消するテクニックです。

例えるならピアノの調律のようなものです。

と、おっしゃられてました。

EFT自体はちょっと好きになれなかったのですが、
今回のセミナーで改めて触れて、面白い実験を思いつきました。
タッピングを簡略化して、チャレンジしてみたい。
たぶん、そんなに効果は変わらないような気がするのですが、どうでしょうね。

失敗しても副作用はまったくないそうなので、
やってみる価値はありそうです。

休憩中、喫煙室にいたらニーブス氏が入ってきましたので、片言の英語で話しかけてみました。ニーブス氏はまったく日本語が分からないので、英語でぺらぺら喋ってくる。
(当たり前だけど)

何とかヒアリングしてみると「20年くらい、止めてたんだけどねー」って言ってました。他にも色々言ってくれたんだけど、返事が出来ないし、最後は

「なるほど!」

って、日本語で答えておきました(笑)

明日は最終日です。

six step リフレーミング、楽しみ。

|

« 解離 | トップページ | ニーブス博士の催眠療法セミナー6日目 »

心理カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1014020/27655243

この記事へのトラックバック一覧です: ニーブス博士の催眠療法セミナー5日目:

« 解離 | トップページ | ニーブス博士の催眠療法セミナー6日目 »