« ビル・オハンロン | トップページ | The Bucket List »

インクルーシブ・セラピー

引き続き、ビル・オハンロン氏の本です。

インクルーシブ・セラピー
[敬意に満ちた態度でクライエントの抵抗を解消する26の方法]

序章で、いきなり「禅」の話が出てくる。

 「多くの人にとって何の価値のない雑草も、
  禅を学ぶものにとっては宝物である。
  この態度をもって何事も行えば、人生はひとつの芸術となる」

実は、この本が届く前日、くしくも宗教や仏教のことを考えていた。
 「セラピーにとって大切なのはテクニックよりも
  慈愛に満ちた態度ではないか」
とか、そんなこと。

シンクロしてますね。

今、この時期に私が読む本のような気がしました。
面白そうなので、こっちも読んでみます。

ますます、ビル・オハンロン氏のことに惹かれていきますね。
もともと、変な人とか変わり者とか、大好きですし、
そもそも、私が一番の変わり者だし(笑)

ひとつだけ文句を言うとすれば、表紙が安っぽいこと(笑)
届いたら、びっくりしますよ。
その表紙のセンスは、30年前のものです。
30年前の保健の本ならいいけど。
イラストの方の猫の方が、絶対かわいいと思うよ。

2007年10月の第一版なので、すごく新しいものです。

そして、新しいセラピーです。

それで、読み進めていくと、これがすごく面白い!
先日書いたKISSメソッドと相反しますが、人の心は複雑で
相反することも沢山ある。
KISSメソッドだけではカバーできない部分もあるはずなのです。
一回転して、複雑で相反する心の世界に戻ってきました。

(すぐに影響を受けてしまうのですgawk

このビルオハンロンという人のセラピーや言葉遣いは
本当に可能性に満ちていて、楽しいです。

人とはそもそも、相反する感情や行動が内包されているから
それをまず承認することが大切なのです。
ちょうど、そのことに昨日気づいて、
今日、この本を読んで、
「なんてシンクロなんだー」って焦りましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

日本人は神社にも行きます。
ということは、神道を信じているのか、抵抗なく受け入れています。
そして、お墓参りもお葬式にも出席します。
ということは仏教も信じているのか、抵抗なく受け入れています。

西洋の文化から見ると、とても相反することですが
日本人は、疑問を持つことなく、うまく受け入れています。

人は心の中で相反する思いを抱き、苦しくなることがあります。
「●●しなければならない」→「できない」

これは、一見、矛盾した、あるいは相反した感情ですが
当たり前のこととして、フツーにあることです。

なので、セラピストはそれを全て受け入れればいいのです。

私も完璧では有りませんが、完璧になることもならないこともできますし
あるいはそれを目指すこともできます。
あきらめても構いませんし、また、そうしないこともできます。

この本は、すごく面白い。
初級編のようでもあるし、すごく複雑な上級編のようでもあります。
セラピーをもっと楽しみたいというセラピストの方には
ぜひ読んで欲しい一冊です。

初級者なら表面的に理解できるでしょうし

上級者なら、深い洞察力を持って、さらに理解することもできるでしょう。

驚きと感嘆の連続です。
あるいは、全て既知のことかも知れません。
ここから新しい何かを学ぶこともできますし、そうしないこともできます。

INCLUSIVE THERAPY

ロジャースより許容的で、エリクソンより柔軟。

すっかり「可能性の王国」の住人です。

セラピーは楽しい!!

happy02






.

|

« ビル・オハンロン | トップページ | The Bucket List »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1014020/27948524

この記事へのトラックバック一覧です: インクルーシブ・セラピー:

« ビル・オハンロン | トップページ | The Bucket List »