« 可能性療法 | トップページ | 夢は現実化する!? »

ホメオスタシス理論

ホメオスタシスとは、生体の内部や外部の環境が変化しても、その生体の状態が一定に保たれるという生物の性質や状態のことです。生体恒常性ともいいます。

我々は体温を常に一定に保つ機能が生得的に備わっています。
その他にも血圧も一定に保とうとします。
ばい菌やウィルスが入ってきたら、排出しようとします。
がん細胞が生まれたら、攻撃し消滅させようとします。
走ったら、ハァハァゼィゼィと、いつもより多めに呼吸をして、酸素を多く取り入れようとします。
これらは全てホメオスタシスに基づくもの。

これがダイエットの敵になります。
食事を減らすと、数日間は体重も落ちていきます。
しかし、身体が危機感を感じ、少量の食事でも体重が落ちなくなります。
少量のエネルギーで、身体を一定に保とうとホメオスタシスが働きますので、燃焼効率を悪くします。

大体、人間の歴史の殆どは飢餓との戦いの歴史でもあったわけですから、この機能がなければ、とっくに我々人間は淘汰されていたはずなのです。

このホメオスタシスは、身体だけではなく、心にも働いています。
厄介なことに、良い状態であろうが、悪い状態であろうが、現状を一定に保とうとします。

このことについて、苫米地さんも書いていました。
私も精神的ホメオスタシス理論には3年前から気づいていましたが、私が言っても説得力に欠けますので、苫米地さんという権威を借りておきます(笑)

最初、タバコを吸った時、異物と感知してゲホッゴホッと煙を吐き出そうとします。
しかし、それでもタバコを吸い続けていると、吸い続ける状態が普通になります。
精神的に落ち込んでいる状態が長く続くと、それが当たり前の状態になってしまうのです。
これが鬱の始まり。
しかし抜け出すこともできます。

抜け出すためには、もちろん、努力も必要です。
やりなれたことを、やらないようにするのは、結構面倒なものです。
しかし、絶対に回復できるものです。

なぜなら、生まれた瞬間から鬱の人は居ませんから。
生まれた瞬間から、タバコを吸ってる赤ちゃんが居ないように。

|

« 可能性療法 | トップページ | 夢は現実化する!? »

心理カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1014020/27870359

この記事へのトラックバック一覧です: ホメオスタシス理論:

« 可能性療法 | トップページ | 夢は現実化する!? »