« 「本当の自分」を見つける | トップページ | 人が人を嫌いになるメカニズム »

お通夜

昨日、知人のお通夜に行ってきました。

お経をあげてもらい、最後に住職さんがお話をしてくれたのですが
とてもフランクな話し方で、わかりやすかった。
お寺さんも時代と共に荘厳な感じから、より現世に近い感じになってますね。
びっくりしました。

「なぜ死ぬのかを考えなさい」
「なぜ生きるのか?を自問する人は多い。しかし、なぜ死ぬのかを問う人は少ない」

と、仰られていました。

その後に続く文言は、宗教観に関わる部分が多いので
わかりやすかったけど、鵜呑みにもできない。
ただ、ひとつの考え方としてはとても面白かったです。

宗教に帰依するつもりはありませんが
こういうのもアリだなと。
人の心を救うお仕事ですから。

「故人は生きているときは特定の場所にいました。そして今はどこにでもいます。どこからでも皆さんを見守っています。皆さんが仲良く暮らせるように、皆さんが幸せであるように見守っていてくれるのです。それが死ぬということ。」

執着心を無くし仏門に帰依するのも、またひとつのあり方でしょう。
以前よりかは宗教嫌いではなくなりました。

住職さん、副住職さん、毎日お経をあげていらっしゃるので、とてもいい声です。
声に、話し方に魅力がありました。

私も見習わないと。

-------------------------------------------------------------------------

いきなりはじめる仏教生活 (木星叢書)
いきなりはじめる仏教生活 (木星叢書)釈 徹宗

バジリコ 2008-04-05
売り上げランキング : 76987

おすすめ平均 star
star仏教を始めてみたくなります
starおもしろーい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

-------------------------------------------------------------------------

|

« 「本当の自分」を見つける | トップページ | 人が人を嫌いになるメカニズム »

心理カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1014020/29035874

この記事へのトラックバック一覧です: お通夜:

« 「本当の自分」を見つける | トップページ | 人が人を嫌いになるメカニズム »