« mixi招待制廃止、延期! | トップページ | 箱庭療法体験 »

感想:人は見た目が9割

人は見た目が9割

騙されました。

久しぶりに、途中で読むのをやめた本です。
1/3でやめました。

アルバートメラビアンの法則に基づいて
言葉そのものの意味は7%しかないのだから、
残りの93%がコミュニケーションとしては優位であるという結論らしいのですが。

その論拠が個人的な狭い世界のデータで断定しています。

例えば、「ヒゲを生やしている人は、自分に自信がない」から、自分を大きく見せようとしてヒゲを生やしてるんだ!と断定しています。
一例として、バスケットでNBAに行った田伏選手を引き合いに出し、彼はアメリカに行ってからヒゲを生やした。だから、そうなのだ! と。

しかし、ヒゲを生やしている人が、すべて自分に自信がない人なのでしょうか?
年をとってからヒゲを生やす人も沢山居ますよ?
津川雅彦さん、三国連太郎さん、レオンのジャン・レノさん。
髭を生やしてるけど、自分に自信がないとは思えないんですけど。

つまり、この人の論法は「最初に答えありき」なのです。
データや例は、自分の答えに合うものだけを引用し、合わないものは無視する。

この論法、どこかで読んだな…と考えてたら、思い出しました
「血液型人間学」の能見正比古さんです。
この人は、戦後、血液型での性格分類を流行らせた第一人者です。

戦前、戦中に血液型と性格に関するさまざまな研究から、「血液型と性格の関連性はない」と結論付けた研究があるに関わらず、「戦時中、日本軍は血液型と性格の研究をしていた!(だから血液型と性格は関連性がある)」と、いかにも持論が正しいかのようなミスリードを誘っていた。

そして長島茂雄は「B型だから●●●である」と断言する。
(その他のB型の人は無視)
その調子で、延々と自分の理論に合う人たちを羅列。

能見さん、当時高校生だった私は、完璧に信じてましたよ(笑)

.

.

.

話を戻そう。
著者、竹内氏の理論も同じ。
自分の理論に合うものだけ。
客観的なデータはなし。

その持論に合うデータでさえ間違っているものもある。

「サングラスをかけている人は、自分の心を覗かれたくない!」

の、引き合いに出してるのが「ターミネーター」です。
氏いわく、「ターミネーターは自分より強い敵に心を見透かされたくないという心理から、サングラスをかけているのだ!」と。

ちょっと、まて!

ターミネーターでは、自分より強い敵は出てませんから。
自分より強い敵が出てきたのは、ターミネーター2以降ですから。

しかも!

ターミネーターには心がありません。
ロボットですから。

「心を覗かれたくない」という繊細な心を持った殺人マシーンをスカイネットが作るとも思えん!!!

一時が万事、そんな調子。
読むに値しません。

しかし、ひとつわかったことがあります。
こんなひどい内容に関わらず、発売から数年経ってもTSUTAYAでは平積み。
30万部売れればヒットと言われる出版業界にあって、100万部を超えるベストセラーです。(正確な販売部数はわかりませんでした。知ってる方、教えてください)

つまり、

「本はタイトルが9割」

ということは、言えると思います。

素晴らしいタイトルですね。

今回も長文でごめんなさい。
私以外の人の感想もどーぞ。

   ↓

■amazonレヴュー

■感想1
「人は見た目が9割」はウソ

■感想2
だにえるblog

------------------------------------

|

« mixi招待制廃止、延期! | トップページ | 箱庭療法体験 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1014020/32163027

この記事へのトラックバック一覧です: 感想:人は見た目が9割:

« mixi招待制廃止、延期! | トップページ | 箱庭療法体験 »