« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

催眠術体験ムービー

手が開かなくなる催眠術。

楽しんで体験してみてください。

もちろんこれが催眠術のすべてというわけではありませんよ。

今年のお正月は南先生と高尾山に登って来ました。

南先生は、こう見えてもすごい人格者です。

----------------------------------------------------
■心理カウンセリング(東京・八王子)
http://cocoro-sora.net/index.html

■カウンセリングの資格、学校(東京・八王子)
http://jmts.info/index.html
----------------------------------------------------

催眠術の掛け方 [専門版] [DVD] 催眠術の掛け方 [専門版] [DVD]

有限会社スーパーグラフィック  2003-01-24
売り上げランキング : 65262

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

----------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒューリスティック・エンジン

人の脳はバイオコンピュータであるという視点が前提となっています。

その上で、心とは脳の活動であると定義してみます。

そうした観点から考えると、人の脳の処理パターンはアルゴリズム計算ではなく、ヒューリスティックなプログラムなのではないかと考えました。

同じ人に同じ質問をすると、同じ答えが返ってくる。
これはアルゴリズムでもヒューリスティックでも同じ。

自己と他者に同じ質問をしても、違う答えが返ってくる。
これは、その人なりの経験、学習により蓄積されたプログラムがあるのではないかと考えたんですね。
(例えば幽霊を信じるとか、生まれ変わりを信じる、超常現象を信じる心(信念・ビリーフ)はどのように形成されるのか)

出された答えに対して、「なぜ、そう思ったんですか?」と質問をすると、その時に初めてヒューリスティック・プログラムで考えた思考を合理的で整合性を持った(相手が理解できるように整理された)状態で説明します。

その過程が心理カウンセリングの初期段階で行われると考えたのです。
(話していて気づく)

これは、実際は喋ることよりも文章化することで、さらに奥深くの思考にまで到達することができます。(書いていて気づく)

このヒューリスティック・プログラムというのは、それ自体が独自の大きなプログラムではなく、細かく幾つかに別れたプログラムなのではないかと仮設を立ててみました。
(これをヒューリスティック・エンジンと名づけました)
(プログラムで言う所ルーチンとか、サブルーチンとか、かな?)

ここからREBT(論理行動情動療法)の出番です。
気づくだけではダメで、自分にとって有益か有益ではないか?という単純思考の二分法によって、ネガティブ思考パターンをやめて貰います。

さらに人生哲学の教育により、より良い生き方を学んでもらうこと。
心理教育です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳は意外とヒューリスティック

最近気づいたことをtwitterに書いたので、ここにも書いてみます。


こんにちは脳機能学者で哲学者のsoraです。最近、とっても大切なことに気づきました。脳はバイオコンピュータと捉えることができますが、その思考回路は意外とヒューリスティックだったということです。


コンピュータはロジカルに、もしくはアルゴリズミックに動いていますが、脳はそのようなプログラムにはなっていないようです。そこで心理カウンセリングではそのヒューリスティックな思考をアルゴリズミックに変換するためのものなのではないかと。


つまり、漠然とした思考に徹底した合理主義を持ち込むことで、自己の思考に気づく事ができるようになります。これはREBTの哲学思考に汎用されますので、とても解りやすくなります。


もう一つ。


日本心理セラピスト協会の心理セラピストスクールの上級編の中の哲学編で「愛とは」というテキストを書いていて気づいたことがあります。悟りとは自己の感情を排することである、と。


自己の感情を排し、相手に意識を向け、思いやることで自己の感情は空観で言う所の空の状態になります。空を知った上で中観に向かうことが人生の修行なのではないかと。


あと、ツイッターで呟く「なう!」は今現在ではなく、ほんの少し前の時間を指しているのであり、必ずしもこの瞬間を指しているのではないのです。認知できるこの瞬間が「今」であるという証明はできませんが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~けなす→誉めるの法則~


■相手を誉めるときは、最初に少しけなして、後で誉めたほうが効果的

アロンソンとリンダーは、評価のプラス・マイナスと好意の相互性についての実験を行い、以下のような結論をしました。

誉めるを「+(プラス)」、けなすを「-(マイナス)」とした場合、

a.最初誉めて、次第にけなす(++--)
b.最初から終わりまでけなす(----)
c.最初から終わりまでほめる(++++)
d.最初けなして、次第に誉める(--++)

この4つの条件のうち、相手からの好意はd→c→b→aの順に高いという結果となりました。

つまり、少しだけ欠点を突いて自尊心が低くなった時に、それを最大限まで高めるように誉めると、相手に好感を持たれます。

「少しけなす→誉める」の法則、覚えておきましょう。

この法則を知っておけば・・・
人間関係が良くなる!
異性に好感を持たれる!
営業成績が良くなる!

・・・か、どうかはあなた次第!!!

----------------------------------------------------

対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の ほめる言葉 対話で心をケアするスペシャリスト精神対話士の ほめる言葉
財団法人メンタルケア協会

宝島社  2008-03-22
売り上げランキング : 60927

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

----------------------------------------------------
■心理カウンセリング(東京・八王子)
http://cocoro-sora.net/index.html

■カウンセリングの資格、学校(東京・八王子)
http://jmts.info/index.html
----------------------------------------------------

----------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »